小学生におすすめの塾をタイプ別に紹介!選び方のコツも解説

2022.05.02
最終更新日 2022.05.02
小学生におすすめの塾をタイプ別に紹介!選び方のコツも解説

小学生のお子さんに塾を検討しているけれど、ホームページやチラシを見ても、どの塾も同じに見えて決められない…、とお悩みでしょうか。また、いつから始めるべきなのかも悩ましい点ですよね。

小学生の塾選びでは、授業形態や雰囲気、レベルなどが、きちんとお子さんに合っているかを見極めることが大切です。小学生の塾探しのポイントを解説し、おすすめの小学生向け塾を10選ご紹介します。

小学生の塾はいつから始める?判断の目安

学校の授業や勉強習慣、中学受験の有無から総合的に判断を
学校の授業や勉強習慣、中学受験の有無から総合的に判断を

はじめに、「そろそろ塾でも…」と思い始めたときに、本当に必要かどうか判断するポイントを3つ解説します。もし当てはまる場合は、できるだけ早めに塾を始めた方が良いでしょう。

(1) 学校の授業に不安があるようだ

まず、学校の授業に不安がありそうかどうかチェックしてください。「授業がわかららい」と具体的に口にする場合もあれば、宿題をやりたがらない、ノートが雑でやる気が感じられないなど、取り組みの様子から分かることもあります。

親御さんが違和感を抱くような取り組み状況ならば、学校の授業についていけなくなっている可能性があります。

(2) 勉強の習慣がついていないようだ

勉強の習慣がついていないお子さんも、塾に通ったほうが良い場合があります。これから中学生、高校生と成長していくにつれ、学習をコツコツ計画的に進められる力は欠かせないものとなっていくからです。

塾は学習計画立てから進捗管理まで、学習習慣の確立をサポートしてくれます。習慣化には時間がかかるため、小学生のうちから生活の中に勉強を組み込んでしまうのがおすすめです。

(3) 中学受験を予定している

中学受験予定がある場合は、小3の冬~小4には通塾を始めた方が良いでしょう。多くの中学受験塾は、小4から3年かけて受験勉強を完成させるカリキュラムで進んでいくからです。

また志望中学の受験に強い塾を選ぶことも大切です。早めに校舎見学や体験授業を行い、塾の絞り込みをしていくと良いでしょう。

関連記事:小学生の塾通いはいつから必要?目的別のおすすめ開始時期とは

小学生向けの塾を選ぶポイント

指導スタイルや雰囲気、安全性などをくまなくチェックする
指導スタイルや雰囲気、安全性などをくまなくチェックする

小学生の塾を選ぶ際、失敗しないポイントを5つの視点から解説します。

(1) 集団指導塾か、個別指導塾か

塾には大きく、「集団指導塾」と「個別指導塾」とがあります。それぞれ得意とする指導や雰囲気が異なりますので、通塾の目的に合わせて最適な方を選びましょう。

集団指導塾と個別指導塾の特徴についてまとめました。

 集団指導塾個別指導塾
指導スタイル1クラス15~30人程度
集団に対して一斉指導
講師1人に生徒1~3人程度
指導時はマンツーマンになる
メリット周りから刺激を受けられる
ハイレベルな塾が多い
自分のペースで勉強できる
質問しやすい
デメリット全体のペースで授業が進む
クラスが合わないこともある
集団塾より高め
切磋琢磨しにくい

関連記事:小学生の塾の選び方は?子どもに合った塾の選び方と注意点

(2) 費用は無理なく払えそうか

塾は一度入ったら、卒業まで続けるのが一般的です。そこで問題になるのが「費用面」でしょう。無理なく払い続けられる金額かどうか、入会前にしっかり確認しておきましょう。

特に以下の項目は、まとまると大きな額になりやすいものです。具体的な金額をチェックしておいてください。

・入会金
・毎月の指導料(月謝)
・管理費など
・模試受験料
・季節講習費(春、夏、冬)
・教材費

関連記事:小学生の塾費用・月謝料金はいくらかかる?相場や内訳を解説

(3) 立地は安全に通い続けられそうか

立地も塾選びの大切な要素です。特に小学生の場合は、安全性を確認しておきましょう。実際に校舎まで一緒に行き、心配な場所がないかどうかみておくことをおすすめします。

学校から直接行く場合や、暗くなってから帰宅する場合など、あらゆる場面を想定しておくことも大切です。

(4) 校舎の雰囲気は親しみやすいか

話を聞きに行ったり、体験授業を受けたりする中で、校舎の雰囲気もチェックしておきます。スタッフ同士の私語が多かったり、生徒が騒いでいるような校舎は、いくら塾長の話が良かったとしてもおすすめできません。一度入ってしまうと、合わないからと言って辞めにくくなることもあるからです。

自然と勉強に集中できそうな雰囲気か、講師は生徒に寄り添ってくれているか、また清潔感整理整頓が行き届いているかなど、目を配ってみてください。

(5) 通う目的を達成できそうか

塾に通う目的が達成できそうかどうかも、大切なポイントです。目的達成のためには、塾の指導方針やレベルがお子さんに合っていることが大切。学校の補習や中学受験対策、中学準備など、お子さんが達成したい目標に合った塾を選ぶようにしましょう。

おすすめの塾10選!個別指導塾と集団指導塾5つずつ

数多くの塾を知り、比較することが最適な塾選びの近道
数多くの塾を知り、比較することが最適な塾選びの近道

ここからは小学生におすすめの塾を、個別指導塾と集団指導塾より5つずつご紹介します。日本全国の塾を知り尽くす「塾探しの窓口」だから知っている個性的な塾の数々、早速チェックしていきましょう。

(1) 〈個別〉進学個別指導のTOMAS(トーマス)

TOMAS(トーマス)は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に校舎を展開する、個別指導進学塾です。

TOMASの特長は、すべての生徒に「マンツーマン指導」を行っている点です。専用のホワイトボードを使い、自分のためだけに授業をしてくれる様子は、プライベートレッスンそのもの。また講師が常に生徒の発問を促すという指導スタイルも、「考える力がつく」と評判です。

学習計画や教材は、一人ひとりに合わせて最適なものを作成・選定します。難関中への合格実績も多い、関東では有数の個別指導塾です。

(2) 〈個別〉東京個別指導学院/関西個別指導学院

東京個別指導学院は首都圏・東海エリアに、関西個別指導学院は関西・九州エリアにそれぞれ校舎を展開する、大手個別指導塾です。ベネッセグループ傘下の塾でもあります。

指導は1対1、もしくは1対2で行われます。目標に合わせてカリキュラムをオーダーメイドし、最短距離での目標達成をサポートします。また科目によって講師を指名できたり、欠席した授業は無料で振り替えができるなど、生徒のニーズを汲み取った細やかなサービスにも定評があります。

(3) 〈個別〉森塾

森塾は首都圏を中心に、全国に約180教室を展開する個別指導塾です。講師1人に生徒は2人までというスタイルを採用しており、講義と演習が最適バランスで組み合わされた授業を受けることができます。

また森塾では、算数・英語・国語といった主要教科のほか、タブレット学習プログラミング教室「QUREO」、国語力を育てる「グリムスクール」など、多彩な学習コンテンツを提供しています。塾に通いながら、新しい興味関心が広がるかもしれません。

(4) 〈個別〉個別指導Wam(ワム)

個別指導Wamは、全国に校舎を擁する大手個別指導塾の一つです。オンライン指導に特化したオンライン家庭教師Wamも展開しています。

Wamの最大の強みは、成績保証制度を設けている点でしょう。「入塾後1年以内の学校の定期テストで規定の成績アップが見られなければ、3か月分の授業料を免除」という制度です。本当に自信がないとできないこの制度を実践するのは、Wamの実力派講師陣たち。日常の学習サポートから超難関校受験対策まで、Wamならではの学習法やペースをアドバイスし、成果を導きます。

(5) 〈個別〉個別教室のトライ

個別教室のトライは、“トライさん”のCMでもお馴染みの大手個別指導塾です。全国に直営教室を約600校有し、どの地域でも高品質な指導が受けられます。

トライの特徴は、120万人以上の指導実績から導き出した効果的な学習法「トライ式学習法」にあります。「わかったつもり」で終わらせない勉強のコツや、みるみる覚えられる暗記法、お子さんが勉強したくなるコミュニケーション法など、知っているだけで勉強効率が上がりそうなノウハウがもり沢山。実績と理論に裏打ちされた勉強のやり方が身に付きます。

(6) 〈集団〉栄光ゼミナール

栄光ゼミナール受験対策がメインの集団指導塾です。個別指導部門は栄光の個別ビザビで受け入れています。

栄光ゼミナールの中学受験クラスは、目標に合わせて「私国立中入試対策コース」と「難関私国立中入試対策コース」、「公立中高一貫校受検コース」の3コース展開。そのほかにも学校別対策や低学年向けの準備コースなどがあります。中学受験に必要な基礎から丁寧に指導してもらえることや、入試情報などに詳しい点などが支持されています。

(7) 〈集団〉臨海セミナー

臨海セミナーは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、および大阪府に校舎を持つ集団指導塾です。中学受験で安定の合格実績を誇っています。テストの得点が良い生徒には、授業料割引の特待生制度がある点も見逃せません。

臨海セミナーのコース展開は、中学受験を軸に「進学準備」「基礎学力・思考力養成」など合計5コース。個別指導クラスもあるので、苦手科目は個別指導クラスで見てもらうといった併用も可能です。

(8) 〈集団〉早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは、日能研・SAPIX・四谷大塚ともに、首都圏中学受験最大手4塾の一つです。

理念である「本気でやる子を育てる」を実践するため、クラスは学力別・少人数で編成されているのが特徴です。子どもたちも自然と競争心が刺激され、勉強に前のめりに取り組むようになります。また担当講師が宿題のチェックや学習フォロー、面談、保護者会などを直接行います。日々の取り組みを保護者にダイレクトに伝えられるため、ご家庭でも習熟度に合わせたフォローがしやすいと評判です。

(9) 〈集団〉日能研

中学受験最大手の一つ、日能研は首都圏を中心に全国に教室を展開しています。中高一貫校を受験したい、地方で首都圏レベルの勉強がしたいという方におすすめです。

日能研は、小学6年間を3期にわけ、それぞれの年齢にふさわしい内容を指導するカリキュラムが特徴的。また授業は「復習」を重視し進められます。授業・家庭学習・テスト・見直し・振り返りをワンセットにした学習サイクルを身につけられるのも、日能研の良さでしょう。

(10) 〈集団・個別〉学研教室

学研教室全国に校舎を展開する学習塾です。お近くに校舎がある、という方も多いのではないでしょうか。

学研は書籍出版や英会話、タブレット教材など、さまざまな学習コンテンツを生み出している総合教育会社です。そのノウハウを指導してもらえる学研教室は、どんなニーズのお子さんにも対応できる柔軟性が魅力。個別で勉強する時間や周りと協働する時間がバランス良く配分され、学習に対する理解が深まります。

塾選びに寄ったら、体験授業がおすすめ!

“百聞は一見に如かず”、体験授業で得られる情報は多い
“百聞は一見に如かず”、体験授業で得られる情報は多い

良さそうな塾が見つかっても、決める前には必ず「体験授業」を受けるようにしましょう。上手な体験授業の受け方について、解説します。

(1) 体験授業を必ず受けた方が良い理由

体験授業を受けると、お子さんとその塾・講師とが「ホントに合うか」が確かめられます。これが、入会前に体験授業を受けた方が良い理由です。

話を聞いただけ・校舎を見学しただけでは、「塾の良い面」しかわかっていないかもしれません。しかし体験授業を受けると、「教え方」「周りの生徒の雰囲気」「質問のしやすさ」などを実体験できるので、本当に合うかどうかが正しく判断しやすくなるのです。

関連記事:塾の無料体験を利用するメリットとは?無料体験後の断り方も解説

(2) 体験授業は最低でも3~4つはうけるのがベター

体験授業は、少なくとも3~4つの塾は受けてみてください。時間がない場合は、最も気になる2校だけでも良いです。

複数塾の体験授業を受けることで、「校舎の雰囲気はA塾が良かった、講師の教え方はB塾の方がよかった」といった具合に比較できるようになります。比較した上で、総合的に良い塾を選ぶというのが、失敗しない塾選びのコツなのです。

(3) お子さんの感想と親御さんの印象、どちらも大切な判断材料

体験授業を受けて塾を決める際は、お子さん本人の感想も親御さんの印象も、どちらも大切に扱うようにしましょう。

授業を受けるお子さん本人の手ごたえが大切なのはもちろんです。さらに、親御さんには小さい子にはない幅広い視野というものがあります。それぞれの印象を率直に伝え合い、希望をすり合わせると「この塾だ!」という1つが見つかりますよ。

(4) 塾探しの窓口なら時短で塾探しを実現

塾探しの窓口」は、希望に合う塾をサクッと探し、比較できる塾選びのパートナーです。使い方はいたって簡単、下のタブから「お住まいの地域」と「学年」を選ぶだけ。集団指導塾か個別指導塾か、といった絞り込みも簡単です。

気になる塾には、まとめて資料請求・体験授業申込も可能です。利用料はもちろん無料!思いがけず、お子さんに合う塾が見つかるかもしれません。ぜひお試しくださいね。

まとめ

小学生の塾選びに欠かせない視点と選び方のコツ、おすすめの塾10選をご紹介してきました。

学力格差は小学生から始まるといわれています。はじめは無自覚だった苦手も、気づいたときには手のつけようがなくなっていた…、というのはよくあること。手遅れになる前に、塾の力を借りて対策を施していくことが大切です。

「できる!」という気持ちは、強い自信となってくれます。1日も早くお子さんに最適な塾と出会い、毎日を充実して過ごせるようサポートしてあげてくださいね。

この記事を書いた人

塾探しの窓口編集部

塾探しの窓口編集部

学習塾の口コミ比較サイト「塾探しの窓口」が運営。初めて塾を探されている保護者に向けて、塾を探す上での基礎知識や塾選びを成功に導くためのポイント等を、わかりやすくお届けします。

ページの上部へ