【高校受験】入試社会で点数をとる最も効率的な勉強法を解説

2022.08.08
最終更新日 2022.08.08
【高校受験】入試社会で点数をとる最も効率的な勉強法を解説

お子さんが高校受験を控える中、効率のよい勉強法を模索している保護者の方も多いでしょう。お子さんの学習への努力が、2倍・3倍という結果に結びつくのであれば、これほど嬉しいことは無いはずです。

反対に、どれほど勉強をしても、なかなか結果に結びつかないということもありえます。

この記事では、元中学校の教員が「高校入試・社会」で点数をとるための効率的な勉強法を解説をします。

効率的な勉強法を知りたい

受験で失敗をしたくない

社会で塾が必要なのはどんなとき?

このような疑問をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

私は元中学の教員というだけでなく、学習サイトやYouTubeなどで教育活動を行っています。そのため、効率のよい学習法なども常に学習をしています。この記事が参考になり、お子さんの受験成功の一助となれば幸いです。

社会は最も点数を上げやすい教科

受験勉強で社会は最も力を入れるべき教科である
受験勉強で社会は最も力を入れるべき教科である

まず初めに知っておいていただききたいこと、それは「社会は最も点数を上げやすい教科」ということです。

一般的に主要5教科の成績の上がりやすさは以下のような順だと言われています。

1.社会
2.理科
3.数学
4.英語
5.国語

そして社会は2位の理科よりもはるかに成績を上げやすい教科です。つまり、社会が苦手な中学生は、数学・英語・国語が苦手な中学生よりもかなり有利なのです。

なぜ社会はそれほどまでに点数が上がりやすいのでしょうか。テスト問題には、大きく分けて2種類の問題があります。

1.暗記だけで正解できる問題
2.理解をし、その内容を暗記して正解できる問題

の2種類です。具体的には

問1:日本で最初の銅銭である貨幣をなんというか
問2:下の図でBE=C Dであることを証明しなさい(あくまで例題なので問題を簡略化しています。)

などの問題です。「問1:日本で最初の銅銭である貨幣をなんというか」の答えは「富本銭」です。これは暗記できているかどうかの単純な問題です。

しかし「問2:BE=C Dであることを証明しなさい」という問題を解くためには、証明のやり方や証明できる条件などを理解し、その上で解き方を暗記できている必要があります。

極端な例ではありますが、この2種類の問題のうち点数がとりやすい問題はどちらでしょうか。

言うまでもなく、「富本銭」の問題。つまり「暗記だけで正解できる問題」の方が点数をとりやすいのです。

そして社会は、「暗記だけで正解できる問題」の割合が他教科に比べて圧倒的に多いのです。これが社会の成績が伸ばしやすい理由です。

苦手意識が強いお子さんは、初めはとっつきにくいかもしれませんが、ぜひ前向きに取り組んでほしいです。

入試社会は「暗記」が最重要

入試社会で成績を伸ばすためには、暗記が最重要
入試社会で成績を伸ばすためには、暗記が最重要

続いては、入試社会の勉強法を解説していきます。

最大のポイントは、「入試社会は暗記をすれば点数がとれる」ということです。暗記は全ての教科の勉強の基本ですが、社会は特に暗記が大切なのです。

社会が得意な中学生は、さまざまな用語や人物名をしっかりと暗記ができています。これができずに社会が得意な中学生は存在しません。まずは「社会の点数を伸ばすためには暗記が必要」という事実をしっかりと押さえましょう。

点数につながる暗記とは?

点数をとるための暗記方法について詳しく解説をしていきます。

ポイントは「繰り返し学習する」ということにあります。

どの程度繰り返せばよいかというと、「問題を読んで、一瞬で答えが思いつくまで」です。この状態になるまで、日をおいて何度も暗記を繰り返すことが大切です。

イメージをつかみやすいよう例を上げると、例えばテスト用紙に名前を記入する時、自分の名前に悩む中学生はいないでしょう。自分の名前は一瞬で思い出せるはずです。

理想としては、解きたい問題全てをこの状態までもっていくことが大切なのです。この状態になったとき、「点数につながる暗記ができた」ということができます。

悪い勉強例としては、

1.問題を解く
2.わからなかった
3.答えを見た
4.思い出せた

これで勉強を終えてしまうこと。

つまり、「答えを見ればわかった」という状態で放置をしないことです。この状態を放置すると、テストで「この問題勉強したのにわからない…」となってしまいます。

解けなかった問題があったときは、必ず後日解き直しをおこないましょう。それにより、一瞬で答えを思い出せる状態までもっていくことができれば、テストでも確実に正解をすることができるでしょう。

これが「点数につながる暗記」なのです。繰り返し学習法に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

繰り返し学習で復習効率アップ!受験まで使える勉強法を解説
テスト範囲のお知らせをもらうと、必ずといっていいほど「繰り返し勉強しておくこと」という一言が書かれていることに気づき…
詳しく読む

問題集での学習法が効率的

点数につながる暗記を行うためには、問題集を活用して学習することが効果的です。

問題集とは、問題がたくさんの載っている本のことです。

・教科書を読む
・参考書を読む
・ノートまとめ

などの学習法は、基本的におすすめをしません。

まず、教科書や参考書を読むだけの学習法は非常に効率が悪いです。「読むだけ」という行為は記憶に結びつきにくいためです。

必ず自分で「思い出す」という行為をしないと記憶は定着しません。そのため、問題集を自力で解くという練習が必要なのです。

また、ノートまとめも効率が悪い勉強法の代表例です。自分が理解していない内容をノートにまとめるという行為は、非常に時間がかかるためです。問題集にはテストに出やすい大切な問題が凝縮されていますので、問題集を解いた方が効率よく重要なポイントの理解を進めていけます。

ノートまとめに時間がかからないという場合は、そもそも内容を理解している可能性が高いです。次の「問題集の使い方」で詳しく解説をしますが、理解している内容をもう一度学習する、という行為も効率が悪いのです。

効率のよい学習は、問題集を利用して行うことが理想なのです。

問題集の使い方

問題集の使い方について解説をしていきます。

まずは通常通り問題集を解いていきます。その際に印をつけながら問題集を解いていきましょう。

◎ カンペキで。もう解かないでよい問題
○ 解けたがもう一度解きたい問題
△ 解けなかったが、答えを見れば理解できた問題
× 解けずに、答えを見ても理解できない問題

このような印をつけながら問題集を解きましょう。(これは一例なので、印はアレンジしていただいて構いません)

◎の問題は、カンペキ。つまり答えや解き方が一瞬で思い出せた問題なので、もう解く必要はありません。◎の問題を何度も解くことは時間の無駄になりますので、2週目以降は飛ばしてよいでしょう。(読んで確認くらいはしてもよいです)

そして、「○」と「△」の問題を重点的に取り組みます。繰り返し挑戦し、◎になるようにしましょう。

○と△の問題が◎になるということは、解ける問題が増えているということ。つまり得点が上がっているということです。これを繰り返せば、成績はどんどん上がっていくでしょう。

×の問題については、一旦は放置して構いません。力がついた時に挑戦するとよいでしょう。全くわからない問題に挑戦すると、勉強した気になるかもしれませんが、残念ながら点数は上がりません。

それどころか難しい問題にチャレンジしていると、勉強のやる気が無くなっていきます。全くわからない問題は一旦捨てるようにすると、勉強がスムーズに進むようになります。

印をつける勉強は以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

印をつけるだけ!勉強の効率がみるみる上がる勉強法を解説
勉強、あるいは成績は「できなかったことを、できるようにする」ことでしか伸びません。これが簡単なようでいて難しく、中学…
詳しく読む

問題集の選び方

続いては問題集の選び方です。問題集を選ぶ時のコツは「パッと見て、7割ほどは解けそうな問題集」を選ぶことです。

これが最も効率よく学習できる問題集の選び方です。これを聞いた方は「7割も解ける問題集を買っても意味がない、もっと難しめの問題集を買ったほうがいい」と思う方もいるかもしれません。それこそが落とし穴です。

難しめの問題集を購入すると高い確率で挫折します。学習習慣がないお子さんでしたらなおさらです。

だれしも、問題集を買うときはやる気があるのです。難しい本にチャレンジしたくなるものです。ですが、机に向かった途端にやる気が無くなります。全くわからない問題が並んでいるので当たり前です。

大人だって、全くわからないドイツ語の本を与えられてやる気が出る人なんていません。

必ず易しめの問題集を購入します。「スラスラ解けて、たまに難しい問題がある」これが丁度いいのです。最もやる気が長続きする難易度なのです。

余談ですが、ゲームもこのような難易度でつくられています。簡単に進めるステージと、難しいステージが交互にくるのです。これが人を引き付ける難易度だからです。ゲームであろうと、めちゃくちゃ難しくて全く進めないゲームなんて多くの人はやりません。

話がそれましたが、問題集は必ず「パッと見て、7割ほどは解けそうな問題集」を選びましょう。また、問題集を一度に何冊も買うのもNGです。何冊もあると解く気がなくなり、結局解かないまま机の上に積み上げてしまうことになります。

まずは一冊を集中的にこなし、曖昧な問題や解けなかった問題が確実に解けるように練習しましょう。

社会の分野別勉強法

分野別に効率がよい学習法を把握し、成績を伸ばそう
分野別に効率がよい学習法を把握し、成績を伸ばそう

続いては、分野別の学習法について解説をします。

地理

地理は地域ごとの特徴を理解すると、暗記が楽になります。私が伝えてきた「社会は暗記だ」というのは、丸暗記を指すわけではありません。

地域や緯度・経度などの理屈も踏まえて暗記するのです。理屈が理解できると、暗記の助けになり、暗記の量も減らせます。

地域ごとの特色を覚える方法としては、地図を部屋やトイレに貼るなどがおすすめです。特に、白地図に自分で色や説明を書いたものをはると良いでしょう。

言葉だけよりも、色や図の方が記憶に残りやすい傾向があります。このようにして地域ごとの大きな傾向をつかみつつ、細かいところは問題集で対策をするとよいでしょう。

歴史

歴史は流れを理解することが大切です。さまざまな出来事の裏には、それにつながる物語があるためです。

歴史のストーリーを覚えておくと、暗記がとても楽になります。人はストーリーを暗記しやすい脳のつくりになっているためです。そういった意味では、学研プラスの「マンガでわかる中学社会 歴史」シリーズなどはおすすめができます。

小学生でも理解ができるくらいのレベルなので、歴史は苦手だがマンガは好き、というお子さんには効果が期待できます。

マンガを繰り返し読むタイプのお子さんには特におすすめができます。マンガでおおまかな流れを理解したら、問題集に取り組むとよいでしょう。一つ一つの用語や出来事を、時代の流れと合わせて思い出せるかを確認しましょう。

公民

公民は中学3年生の夏以降に学習することをおすすめします。

地理・歴史・公民の中では、公民が最もボリュームが少ないため学習をしやすい分野です。特に、日ごろからニュースなどを見ておくと、「国会」「衆議院」「裁判所」などの言葉を身近に感じることができます。

受験生になってから学習する単元のため、毎日の復習をしっかりと行いながら問題演習をしていくことが大切です。苦手になってしまうと、受験までの期間がないため、克服することが大変です。苦手になる前に手を打てることがベストでしょう。

注意点としては、予習には力を入れないことです。予習は復習に比べてかなり効率が悪いです。わざわざ先生に教えてもらえる内容を一人で予習する必要はありません。学校で学習した内容を繰り返し復習するほうが、はるかに効率がいいのです。そのため、毎日の授業の復習をしっかりと行うと、苦手にならずに進めることができます。

学習サービスの利用の仕方

成績を早く伸ばすには、学習サービスの利用も効果的
成績を早く伸ばすには、学習サービスの利用も効果的

最後に、塾や家庭教師、オンラインサービスの効果的な利用方法を紹介します。

結論としては「社会は学習サービスの優先度は低い、だが家庭学習が進まない中学生には効果的」となります。

社会は単純な暗記で点数が伸ばせる教科のため、数学や英語に比べ学習サービスの利用の優先度は低いです。全体的に成績を伸ばす必要がある場合は、数学や英語の学習サービスを利用するとよいでしょう。

塾や家庭教師の効率的な利用法

基本的に社会は学習サービスを利用する優先度が低いですが、家庭学習が思うように進まない中学生は、塾や家庭教師を利用するのもよいでしょう。

私の教員としての経験上、公立の中学生は受験生であっても半数程度は一人で勉強を進めることが難しいです。

塾や家庭教師を利用する1番のメリットは強制的に学習ができることです。また、勉強に対するモチベーションが上がるきっかけにもなります。地元の塾であれば、高校進学のための情報を多くもっている可能性も高く、進路決定の参考になるでしょう。

家庭教師の一番のメリットは、わからないところを直接指導してくれる点です。集団指導塾の授業についていくことが難しい場合は、家庭教師を利用するのも良い方法です。

オンラインサービスの利用法

また、現在は塾や家庭教師以外のオンラインサービスも豊富です。

「スタディサプリ」は月額が約2千円で全教科有名予備校講師の授業が見放題というサービスです。費用をできるだけ抑えたかったり、わかりにくいところの解説を聞きたいというお子さんにおすすめできます。

サブスタは「学習計画を立ててくれるスタディサプリ」といったイメージのサービスです。月額が約8千円とスタディサプリより高額ですが、全教科の映像授業が見放題。学習計画も立ててくれる、といったメリットがあります。

計画通りに学習することが難しいお子さんは、こちらのサービスの利用もおすすめができます。

まとめ

以上で、高校入試社会の学習法の解説を終わります。

社会は暗記がポイントになります。

勉強には問題集を使う

優しめの問題集を利用する

一人での学習が難しい場合は学習サービスを使う

などのポイントを押さえて学習を続けてください。社会は入試までの成績を大きく伸ばすことが可能な教科です。

入試まで時間がない場合や、不安が残る場合は塾の利用が最も安心できる方法です。「塾探しの窓口」などの無料の塾検索サービスを上手に活用し、お子さんにあった塾を探してみるとよいでしょう。

この記事を読まれた皆様の受験が成功することを、心よりお祈り申し上げます。

中学生の高校受験対策、塾にいつから通う?おすすめ開始時期とは
中学生は高校受験を控えていることから、塾の利用を考えている保護者の方も多いのではないでしょうか。「ゆくゆく通うなら、…
詳しく読む
【データで見る】中学生(高校受験)の塾にかかる費用はいくら
中学生のお子様を塾に通わせる場合、「どれくらいの費用がかかるのか」は保護者の方にとって最も気にかかるポイントでしょう…
詳しく読む
【高校受験】合格に必要な中3の平均勉強時間の調査結果を解説
「子どもが高校受験を控えているが、勉強時間は十分なのか不安・・・。」 「高校受験をする子どもの平均勉強時間はどれく…
詳しく読む

この記事を書いた人

さわにい

さわにい

元公立中学校の理科の教員です。教員経験は11年。現専門は理科教育学。所持教員免許は中学と高校の理科。

理科の教材や学習法を研究中。さまざまな出版社の理科教材や解説を作成してます。

ページの上部へ