高校生におすすめの塾をタイプ別に紹介!選び方のコツも解説

2022.05.09
最終更新日 2022.05.09
高校生におすすめの塾をタイプ別に紹介!選び方のコツも解説

高校生になると、勉強の目的やレベルも千差万別です。中学生以上に、塾が勉強の成果や大学の合否に与える影響も大きくなります。

自分の目標を達成させてくれる塾はどこか?とじっくり考え、「合う塾」を見つけることが欠かせません。

この記事では高校生が塾選びで失敗しないポイントや、目的別おすすめの塾について解説します。最後まで読み、あなたの塾選びの参考にしてくださいね。

高校生の塾は「目的」によっておすすめが変わる

高校生の塾は「勉強の目的」から考えることが大切
高校生の塾は「勉強の目的」から考えることが大切

大学受験対策か、学校のテスト対策か。高校生におすすめの塾タイプは、どんな目的で通うかによって変わります。勉強の目的別に、おすすめできる塾を見てみましょう。

(1) 大学受験対策なら「大手予備校・系列校」がおすすめ

大学受験対策のために塾に通うなら、大手予備校や系列の塾がおすすめです。大手予備校は、大学受験に欠かせない最新で正しい入試情報を豊富に持っているからです。

また大学別・学部系統別の受験対策にも強く、専用カリキュラムがあることや、小論文・面接といった教科試験以外の対策ができる点も見逃せません。

(2) 授業・定期テスト対策なら「個別指導塾」がおすすめ

高校の授業や定期テスト対策には、個別指導塾がおすすめです。個別指導塾なら、高校ごとに異なる教科書や進度、難易度に合わせて指導することができるからです。

自習室が利用できるか、学校課題の質問ができるかといった付帯サービスもチェックしながら選ぶと、より自分に合う個別指導塾が見つかるでしょう。

(3) オンラインで学ぶという方法もある

近年はオンラインで学ぶスタイルも定着してきました。オンラインと一口に言っても、映像授業を見たり、マンツーマン授業が行われる塾など、形態はさまざまです。

自習室の雰囲気を自宅で再現できるサービスや、質問したいときだけチャットできるサービスなど、ニッチで細かなニーズに対応しているのもオンラインの特徴です。

失敗しない塾選びのポイント

授業形態、費用、立地…、失敗しない塾選びのポイントは5つ
授業形態、費用、立地…、失敗しない塾選びのポイントは5つ

高校生が塾を選ぶ際は、次にまとめた5つのポイントをチェックしてみてください。間違いのない塾選びが実現します。

(1) 「指導スタイル」目的と性格に合わせて

集団指導塾や個別指導塾、映像授業塾など、高校生向けの塾にはさまざまな指導スタイルがあります。どんなスタイルが良いのかは、勉強の目的や自分の性格を踏まえて決めましょう。

同じ「大学受験対策」を目的とした場合でも、大勢の中で切磋琢磨したいなら大手予備校が良いでしょうし、苦手科目だけをピンポイントで対策したいなら個別指導塾が合うかもしれません。

「友達が行ってるから」という理由だけでなく、必ず目的と性格を客観的に考えるようにしましょう。

(2) 「費用」年間の総額を必ずチェック

高校生の塾は、思いのほか費用がかかります。費用についても調べておきましょう。

費用は月謝のほかにも、管理費や教材費、模試受験料などさまざまにかかります。1年間通った場合にいくらかかるのか、総額をチェックしてください。もし塾のホームページに書かれていない場合は、塾に直接問い合わせてみましょう。

関連記事:【大学受験】高校生の塾費用はいくら?出費を抑えて難関大学に合格する方法

(3) 「立地」学校と自宅との位置関係や安全性をチェック

立地は、「塾-学校-自宅」という三角関係で見ておくことが大切です。学校から、あるいは自宅から通いやすい距離か、夜遅くなっても通塾経路に危険な場所はないか、よく調べてみてください。

最寄駅からの経路、自転車置き場の有無などもチェックしておくと安心ですね。

(4) 「校舎の設備環境」校舎見学や体験授業でチェック

入塾前には必ず校舎見学や体験授業に行き、塾の設備や学習環境を確認しましょう。高校生が見ておきたい設備環境は、次の通りです。

校舎の開館時間

自習室の有無と利用時間

質問対応のルール(塾以外の勉強も質問OKか、対応時間など)

参考書や赤本の貸出可否

飲食のルール(軽食を取れるスペースがあると◎)

(5) 「校舎の雰囲気」勉強に集中できそうかチェック

設備環境の確認と同時に、校舎の雰囲気もよく感じておきましょう。勉強に集中しやすそうか、頑張ろうという気持ちになれそうかどうかは、大切なポイントです。

私語が多かったり、講師と生徒の距離が親密すぎたりするのは、規律が守られていない証拠。勉強のストレスになる可能性があるので、気になった塾は避けたほうが無難でしょう。

大学受験対策におすすめの塾5選

大学受験対策には情報力に長けた大手予備校・系列校がおすすめ
大学受験対策には情報力に長けた大手予備校・系列校がおすすめ

大学受験対策におすすめの塾を、5つご紹介します。

(1)  河合塾・河合塾マナビス

「河合塾グループ」は、多彩な形態で大学受験対策を提供している大手予備校の一角です。

いわゆる“予備校”の河合塾では、高校生は「グリーンコース」と呼ばれるコースで受け入れています。合格に必要な計画や相談はチューターと、授業は河合塾の講師と役割分担しているのが特徴です。校舎は大都市中心に展開しています。

河合塾マナビスは、河合塾講師の授業を映像で全国に提供しているスタイルの塾です。校舎には学習サポートを担当するアドバイザーがおり、勉強の進捗や受験相談に乗ってくれます。比較的地方都市にまで校舎があるのが特徴です。

(2) 東進ハイスクール・東進衛星予備校

東進」も大学受験対策におすすめの塾です。ライブ授業はなく、すべての校舎で映像授業を見て学習します。授業を担当するのは、カリスマ講師と呼ばれる予備校講師たち。林修先生が有名ですね。

東進は、やる気を引き出す仕掛けが多いことでも知られています。各界の著名人から最先端の知見を聞ける講演会などを聞けば、大学に行きたい気持ちが高まりそうですね。

「東進ハイスクール」と「東進衛星予備校」と名前が2種類ありますが、ハイスクールは東進直営、衛星予備校はフランチャイズ校舎と、運営母体が異なるだけで内容は変わりません。

(3) 駿台

駿台」も大手予備校の一つです。校舎は関東・東海・関西エリアを中心に展開、オンラインで受講できる講座もあるのでチェックしてみてください。

講師や進路アドバイザーといった「人の力」とAIなどの「ITの力」、それぞれの良さを活かした指導が受けられるのも駿台ならでは。講師や進路アドバイザーは質問対応や進路相談に乗ってくれ、AI教材は苦手克服に役立ちます。

また駿台オリジナルの質問アプリ「manabo」も要チェック!質問を投稿すると、最短1分で指導が始まります。勉強中のちょっとした疑問解決に嬉しいサービスです。

(4) 四谷学院

四谷学院」も、大学受験対策におすすめの塾です。関東を中心に全国展開していますが、オンラインでの受講も可能です。

四谷学院は、最小時間で最大効果を期待できる授業スタイルが特徴です。“理解”の段階は科目別能力別のクラスで効率良く、演習力・解答力を上げたい定着学習はマンツーマンでじっくりといった具合で、常に最適な指導が受けられるため、学習に無駄がありません。

予備校とは異なり、必要な科目を必要な分だけ受講することも可能。部活などの予定にも合わせやすい柔軟なカリキュラムで、学校とも両立できます。

(5) Z会の教室

通信教育大手「Z会」の指導を直接受けられるのが「Z会の教室」です。少人数制の指導や丁寧な質問対応、自由に使える自習室など、大学受験生が「あったらいいな」と思う環境が整っています。

Z会の教室は、東大・京大・医学部など、難関大学を目指す受験生に特におすすめ。こうした難関大学には必須の記述力・論述力を伸ばす指導が得意なのは、長年の添削指導の賜物といえるでしょう。

オンラインでの受講や1対1の個別指導も可能です。

高校の授業・テスト対策におすすめの塾5選

授業やテスト対策には柔軟に指導してくれる個別指導塾を
授業やテスト対策には柔軟に指導してくれる個別指導塾を

学校授業やテスト対策におすすめの塾を5つ、ご紹介します。

(1) 進学個別指導塾TOMAS

進学個別指導塾TOMAS(トーマス)」は、完全マンツーマンの個別指導塾です。大学受験から高校のテスト対策まで対応可能で、一人ひとりにカスタマイズされた学習カリキュラムで授業を進めます。

TOMASは「発問型」と呼ばれる指導形態が特徴です。講師が一方的に教えるのではなく、生徒に考えさせ、生徒の発言を促すことで「自分で考える力を育てる」という狙いを持っています。

知識の暗記だけでは太刀打ちできない問題が増えてきた近年のテスト対策に、特におすすめできる塾です。

(2) 東京個別指導学院・関西個別指導学院

東京個別指導学院・関西個別指導学院」は、名前の通り関東と関西に校舎を展開する個別指導塾です。個別指導の先駆け的存在でもあり、指導実績は35年以上。一人ひとりを親身に指導し、伸ばすノウハウはどこにも引けを取りません。

また高校生の勉強に欠かせない、情報の豊富さも要チェック!近隣高校の年間予定や毎年のテスト分析などから、次のテスト範囲を予想し、効率の良い対策を立ててくれます。

授業は1対1か、1対2から選べます。担当講師は入塾後に相性を見ながら決めるという慎重さも安心できるポイントだといえます。

(3) スクールIE

スクールIE」は全国に校舎を持つ個別指導塾です。指導は1対1か1対2から選べますので、苦手科目はマンツーマンで、得意科目は1対2で演習多めにといった組み合わせも可能です。

高校生向けは月謝が高めの塾が多い中、スクールIEは比較的費用が抑えめな点も見逃せません。他塾と併用したり、推薦や総合型選抜対策を組み込んだりする高校生もいるようです。

定期テスト対策は、通常テスト2週間前から行っています。全担任制なので、ペースや対策計画は柔軟に変更可能な点も人気の秘密でしょう。

(4) 栄光の個別ビザビ

集団指導塾大手「栄光ゼミナール」が展開する個別指導部門が、「栄光の個別ビザビ」です。高校の進度や教科書、また一人ひとりの目標に合わせて学習プランを作成し、1対2の個別スタイルで指導します。

授業の曜日や時間割は、自分の都合に合わせて選べるので、部活や他の習い事との両立もOK。もし都合が悪くなった場合は、授業開始までに連絡すれば、別の日に振替も可能です。

また個別指導では対応していないところも多い、理科や地歴、国語の指導も受け入れています。

(5) 城南コベッツ

城南コベッツ」は、大学受験指導で60年以上の実績を持つ「城南進学研究社」が主催する個別指導塾です。高校生には、どの年代よりも「指導を目標に合わせる」ことを重視。定期テストから大学受験まで、学習を効率よくサポートします。

定期テスト対策としては、日々の授業の予習・復習から学校ごとの勉強法まで指導している点も特徴でしょう。定期テストの出題傾向を予想し、学習効果の最大化を目指した授業が受けられます。

忙しい高校生が勉強時間を確保できるよう、スケジュールの相談にまで乗ってくれる点も頼りになります。

塾選びに迷ったら、体験授業を受けてみよう

体験授業は塾と自分の相性を見る大切な機会
体験授業は塾と自分の相性を見る大切な機会

どの塾が良いか決めかねたら、体験授業を受けてみましょう。体験授業を受ける際のポイントを解説します。

(1) 体験授業を必ず受けた方が良い理由

塾を決める前には、必ず体験授業を受けましょう。友達が通っていて良いという話を聞いたとしても、です。友達とあなたとでは、塾に求めるサポートやサービスは違うはず。友達が良いというものが、あなたにも良いとは限りません。

体験授業を受けることで、塾の雰囲気や教え方、授業スタイルなどが「自分にとってどうか」が分かるようになります。入塾後に「思っていたのと違う」と後悔することがないよう、体験授業は必ず受けるようにしましょう。

関連記事:塾の無料体験を利用するメリットとは?無料体験後の断り方も解説

(2) 体験授業は最低でも3~4塾は受けたい

体験授業は最低でも、3~4つの塾で受けるのがおすすめです。複数の塾で授業を受けることで、それぞれの特徴や良さが際立ち、比較しやすくなるからです。

体験授業の後、入塾を急かしたり強要したりする塾は、生徒獲得だけが目的になっているおそれがあります。本当に自信がある良い塾は、回答を急がせるようなことはしないものです。じっくり考えさせてくれる塾に出会うためにも、複数塾で体験授業を受けるようにしましょう。

(3) 親御さんの印象も参考に

体験授業や面談の折は、親御さんにも可能な限り同席してもらいましょう。そして親御さんの印象も、塾選びの大切なヒントとして活用してください。

親は、慎重さや人を見る目など、子どもにはない「広い視野」を持っていることが多いものです。あなたの性格も熟知していますから、その塾があなたに合いそうかどうかも客観的に見てくれるでしょう。

塾選びには、親御さんの力も遠慮なく借りることが効果的です。

(4) 塾探しの窓口なら時短で塾探しを実現

塾探しの窓口」は、お近くの塾や予備校がサクッと探せるサービスです。試しに、下のタブから「学年・お住まいの地域」を選択してみてください。もちろん、利用は無料です。

気になった塾にはまとめて資料請求や体験授業の申込もできます。忙しい高校生こそ、塾探しは効率良く進めましょう!

まとめ

高校生におすすめの塾10選や、塾選びのポイントについて解説してきました。

中学生までとは比べものにならないくらい、高校生の目標や生活スタイルは一人ひとり異なります。目標を達成するためには、自分に合う塾を見つけることがとにかく大切。自分が勉強で譲れないポイントはどんな点かを考え、最適な塾に出会ってくださいね。応援しています。

この記事を書いた人

塾探しの窓口編集部

塾探しの窓口編集部

学習塾の口コミ比較サイト「塾探しの窓口」が運営。初めて塾を探されている保護者に向けて、塾を探す上での基礎知識や塾選びを成功に導くためのポイント等を、わかりやすくお届けします。

ページの上部へ